お金

りそな銀行の休眠口座を解約した話

もう何年も使っていない「りそな銀行」の口座を解約してきました。特にめんどうな手続きもなく、口座に入っていたお金も戻ってくることに(3000円ほど)

やっぱり口座を放置しておくと落ち着かないので、ちゃんと解約するのは精神衛生上、良いですね。(笑

きっかけはキャッシュカードが使えなかったから

最近たまたま「そういえば、使っていない「りそな銀行」の口座ってどうなっているのかな~」と思いATMで確認しようと思ったんです。

・・・がキャッシュカードはおろか、記帳すら出来ません。「あれ?もしかして解約させられてる?」と思い調べてみる事に。

スポンサーリンク

口座を放置すると手数料がかかる・・・

「りそな銀行」の口座って2年以上放置した状態だと休眠口座となるみたいなんです。で、休眠口座になってしまうとどうなるのか?

なんと休眠口座になってしまうと、口座維持の手数料として年間1296円かかるみたいです!これを知った時「!!!」って感じでした(汗

確かそんなにお金は入れてなかったはずだけど・・・口座確認できないし、なんかモヤモヤする・・・と言う事で自分の口座が今どのような状態なのか確認する事に。

ちなみに徴収された手数料は帰ってこないみたい

ちなみに「りそな銀行」の休眠口座についての説明には下記のような記載があるので、徴収された手数料は戻らないようです(汗

なお、一部ご負担いただいた休眠口座手数料のご返却、およびご解約させていただいた口座の再利用には応じ致しかねますので予めご了承ください。

残高不足により手数料が払えないと自動解約

また休眠口座の残高不足で手数料が払えなくなると、口座が自動的に解約されるよう。まぁマイナスになってしまうよりは良いかな・・・

残高不足等により休眠口座管理手数料の引落しが不能となった場合は、残高を休眠口座管理手数料の一部としていただき、当該口座を自動的に解約させていただきます

 

「りそな銀行」に電話してみたけど、口座確認できず・・・

「口座確認しに銀行に行くの、めんどくさいな~」と思い、まずは電話で確認してみる事に。結果は・・・ダメでした(汗

対応してくれたサポートの人に口座番号など聞かれたので、電話でも確認できるのかな?と思ったのですが、最終的には店頭じゃないと確認できないとの事でした(汗

スポンサーリンク

やっぱり休眠口座扱いっぽい

受付で事情を話すと口座を調べてくれました。口座自体はあっさり見つかったんですが、なにやらもう解約する以外できないとの事。

まぁ、どうせ使ってないので「では解約してください」と、そのまま解約手続きを進めてもらいました。休眠口座って復活できる様だけど、なんで復活できないのかは聞き忘れました。

もう解約しかできないって言われちゃってるし、未練もないですけどね(笑

口座解約には運転免許書と印鑑が必要

銀行に行く際には、必要になるかな~と思って運転免許書を持っていきました。本来は印鑑も持っていくべきなんですが、なんと印鑑がみつかりませんでした。

・・・と言うかどれを使ったのか覚えていなくてですね・・・もうずっと使っていない口座だったので(汗

なので印鑑は持って行かなかったんですが、やっぱり本人確認資料と印鑑はもって行くべきでした。(仮のものでも)ちなみに本人確認にはこの辺が必要になりそうです。

解約に必要な書類

お申込みに必要な書類

使った印鑑が分からなければ、新しいものでもOK

僕の場合は印鑑が分からないと言う話をしたら、新しいものでも大丈夫との事だったので、急遽100均で印鑑を買ってきました(汗

なので印鑑がなければ100均の印鑑でもOK。ただシャチハタはNG出るかなと思ったので、朱肉が必要なタイプの印鑑にしました。

スポンサーリンク

口座解約したらお金が3000円ほど返ってきた

いまいち理屈がよく分からなかったんですが、口座を解約したら口座に入っていた3000円ほどの現金が帰ってきました。

放置していた時間も長く、口座にもたいしてお金を入れていなかったので既に自動解約されていると思っていたんですけど、なぜかお金が入ってました。

受付では休眠口座っぽい雰囲気で解約手続きが進められていたけど、あの口座は本当に休眠口座って扱いだったのだろうか?

そんな謎は残りましたが、とりあえず口座を解約してスッキリしてきました。「りそな銀行」の休眠口座は放置していても、その内自動解約されるの様で、お金がほぼほぼ0円の場合は放置でも良いかもしれないです。

が、僕のように忘れてるだけで、幾ばくかのお金が入っている場合もあるので、時間のある人はきちんと確認した方が、お得かもしれませんね(笑