そうだ、卓球しようぜ!

卓球
スポンサーリンク

ある日、友達が急に叫びました。

友達A
卓球しようぜぇ!

そんな訳で久々に卓球をする事に。卒業してから1度もやってないので、ブランクは10年ほど。

今の卓球が知っているルールといろいろ違う・・・

ささっと調べてみましたが、僕が卓球から離れている時間が長かったため、ルールがいろいろ変わっているようでした。

例えばサーブ。学生時代は腕でボールを隠すのが当たり前だったと思うのですが、今は隠しちゃダメみたい。

 

ちなみに腕でボールを隠す理由は、ボールに与える回転や、どこを狙っているかを分かりにくくするため。ボールを隠すのがダメなら、昔卓球をやっていた人が試合に復帰するにはフォーム修正が必要そうですね(汗

下記の卓球王国でルール変更後のサーブの仕方を説明しているので、これから始めたい人や新ルールを知りたい人などは必読ですよ!

なんかボールの大きさも昔より大きいような・・・

どうやら2000年からボールのサイズが従来の38mmから2mm大きい40mmになったみたいです。やっぱり気のせいじゃなくて、ボールが大きくなってました!

2000年から、ボールの直径は38mmから40mmになった。これによってボールの空気抵抗が増し、従来よりもラリーが続くようになった。しかしその一方で回転がかけにくくなり、またラバーが回転の影響を受けにくくなったために、カット型や前陣速攻型のような戦型は苦戦している。

 

これって、試合を白熱するよう演出し卓球界を盛り上げるって狙いがあったのかな?観客的にはラリーが続く試合の方が面白いしなぁ。

都内の良さそうな卓球場を探す

そんな訳で、例によってGoogle先生で卓球が出来る場所を探しているとこんな記事を見つけました。

 

この中で気になったのが下の卓球場です。

山手卓球

外観はぜんぜん似てないけど「山手卓球」はマンガ「ピンポン」に出てくる卓球場タムラのモデルらしいです。でもこの1次ソース探しても出てこないんだけど、単行本とか雑誌に書いてあったのかな?

なので真相は不明です(汗

山手卓球
営業時間など

EST 渋谷東口会館

ここも気軽に卓球をするなら良さそうです。写真を見る限りラウンド1とかより、落ち着いて卓球が出来そうな感じ。

あと「EST 渋谷東口会館」はシューズも貸してもらえるみたい。

EST 渋谷東口会館ル
営業時間など

ちゃんとやるなら運動靴が必須!

卓球をする際ですが、もし温泉卓球以上に動きたいなら運動靴か上履きは必須です。やっぱりスリッパだと温泉卓球以上には動けません(汗

「EST 渋谷東口会館」ではシューズを貸してくれるようですが、ちゃんと動きたい時はシューズがレンタルできるかは確認した方が良さそうです!

 

そんな感じでしたが、やっぱり体育館以外なら第一候補は「山手卓球」かなぁーと言う感じ。なので今度友達と行ってみます!

スポンサーリンク