カメラの違いと初心者が買う時に見るべきポイント

カメラ
スポンサーリンク

スマホで写真を撮っていると「のちのちは一眼レフで写真を撮るぞ!」なんて思ったりします。僕がそうでした(笑

そうすると今度はカメラを購入する段階になって「スマホと一眼レフって何が違うの?」って疑問も沸いてくると思います。

この記事では、その時に調べた事をまとめたので、同じように思った人がいたら読んでみてください。

初心者目線でざっくりまとめたので、詳しい人が見たら「違うよ?」ってなるかもですが、初心者的には大体あってると思います(笑

一眼レフはスマホよりも画質が良い

今のスマホはかなり進化しているので「わざわざカメラを買う必要がないよね~」なんて人もいるかも知れません。

でも、一眼レフってやっぱり綺麗なんですよ。それはパソコンのような大きなモニターで見ると分かります。

あと撮影時にズームしても写真が劣化しないし、暗い所もスマホより綺麗に撮れるんです。この辺が優れている点ですね。

画質優先なら絶対に一眼レフ!と言う感じです。

あずま
スマホも良いけど、大切な写真は一眼とか良いカメラで撮った方が後悔がないですよ!

SNSに投稿するならスマホが有利

スマホが優秀なのは、SNS(LINEなど)への投稿のしやすさです。例えば旅先でパッと撮影して、サッとLINEやTwitterに流す。スマホなら、これが簡単に出来ちゃいます。

でも、これが一眼だと、まずスマホにデータを転送して、スマホから投稿して~・・・と言う感じになります(汗

しかも一眼レフからスマホへ写真を転送する際に、通信エラーでSNSへのアップを諦めざる終えない・・・なんて事もありえます(汗

なので、そういうトラブルが無く、簡単にSNSに投稿できるのはスマホの強みなんです。

なぜスマホより一眼レフの方が綺麗なのか?

 

画質に差が出るのはイメージセンサーと言う、光の情報を取り込むセンサーが一眼レフの方が大きいから。

カメラの画質はイメージセンサーで左右される所が大きく、一般的にセンサーが大きい方が画質が良いとされています。

厳密な理屈は違うかもしれませんが、大体こんな感じです(笑

ちなみに一眼レフや、ミラーレス一眼、高級コンデジと呼ばれるカメラは、総じてスマホよりもイメージセンサーが大きいです。

イメージセンサーのサイズについて

センサーサイズについては、こちらの説明が分かりやすいので、良ければ見てみてください。

センサーサイズについて
イメージセンサーについて

イメージセンサーは撮像素子と呼ばれる事もある

イメージセンサーは撮像素子(さつぞうそし)と呼ばれる事もあるようで、「価格.com」ではそのように記載されています。

 

このページは見たいカメラのページを開いて、上の画像上部にある「スペック情報」タブを押すと見る事ができます。

スマホより優秀なカメラの種類

スマホよりも綺麗な写真が撮りたいな~とお店に行くと、恐らく「ミラーレス一眼」をオススメされるんですよね。

でも、カメラって主に3つの種類があるので、それを初心者の僕がざっくり説明しようと思います(笑

一眼レフ

使っていると写真がうまい人!みたいな扱いを受けるカメラ(笑

一眼レフのメリット

メリットはレンズが交換できる事ですね。

あと僕はあまり実感した事がないですが、カメラが大きい分カメラの表面にボタンを多く置けるので、小さいカメラに比べると操作性が良いみたいです。

またカメラが持ちやすいので、大きめのレンズを使った際に安定感があります。

一眼レフのデメリット

これは、カメラ自体が重い事です。なので、写真撮るぞ!と意気込んだ時しか持ち歩かず、結果あまり写真を撮らない・・・なんて事も(笑

あと直接カメラには関係ないですが、社員旅行とかで一眼レフを使っていると、写真を頼まれる事がおおくなり、ちょっと面倒かもしれません(汗

ミラーレス一眼

一眼レフと同程度の性能を持ちつつ、小さい、軽いを実現したカメラ。

「カメラ欲しい!」ってお店に行くと、必ずオススメされるカメラです。

ミラーレス一眼のメリット

ミラーレス一眼のメリットはレンズ交換が出来るのに、一眼レフよりも小さく、軽いと言う点。

あとミラーレス一眼や高級コンデジのような、小さ目のカメラって、ちょっとした所で使いやすいです。店内とかね。

ミラーレス一眼のデメリット

ミラーレス一眼はレンズが交換出来るのがメリットですが、ズームが出来るレンズを使うと、重かったりかさ張ってしまう事も(笑

なので、散歩などで使用する事を考えている場合は、レンズも含めた大きさで普段持ち歩けるのか?を考えると良いと思います。

高級コンデジ(コンパクトデジタルカメラ)

昔からあるコンパクトデジタルカメラの高級なヤツ(笑

何が高級かと言うと主にイメージセンサーが大きくなっています。僕が使ってるカメラのうち1つも、この高級コンデジとされるモデル。

ちなみに僕が使っているのはキャノンの「‎PowerShot G7 X」と言うカメラです。

 

今は次の世代のカメラが出ています。にしても、なんか前の世代よりも高いな(汗

 

イメージセンサーの大きさは一眼レフより小さいですが、それでも普段使いには十分な画質です。

高級コンデジのメリット

高級コンデジの良い所も、軽く小さい所です。またレンズが引っ込むので、レンズ交換式よりもかさ張りません。

もう1つのメリットは、レンズカバーが自動で開閉するところ。微々たる差に感じるかもしれませんが、撮影する時にカバーが自動で開くのって、かなり便利です。

僕はカメラを使うたびにレンズカバーを外すのがめんどくさくて、高級コンデジを選んだんですが、お店では「絶対ミラーレスがおすすめ!」って感じでした(笑

高級コンデジのデメリット

これはレンズが交換できない事ですね。そのため一眼レフと違い、ズームや近距離撮影の出来る範囲に結構制限があります。

レンズが交換できると、さまざまな状況に応じた撮影が出来ますが、交換が出来ないカメラはそれが多少制限されます。

各カメラの特徴を表にまとめると、こんな感じ

 一眼レフミラーレス一眼高級コンデジスマホ
撮像素子中~大小~中
重さとサイズ大きく重いまぁまぁ軽い小さく軽い小さく軽い
レンズ交換ありありなしなし
レンズ自動開閉なしなしありなし
目立ち度目立つ普通普通目立たない
持ちやすさ
SNSとの連携

 

※目立ち度とは、飲食店などで使用した場合どの程度目立つのか?の比較です

カメラを買う時のポイント

カメラを買う時に見た方が良いかな~と思ったポイントをいくつか紹介します。

バリアングル液晶

バリアングル液晶とは、角度が自由に動かせる液晶パネルの事です。こんな感じに動かせます。

 

 

 

これがあると、例えばカメラを地面に近づけて、子供や犬目線の写真を撮ったり、人ごみで腕を上に伸ばして、そこから撮影したり・・・なんて事が出来るので、あると便利です。

バリアングル液晶よりも若干劣るチルト液晶

僕が使っている「G7 X」にはバリアングル液晶がありません。その代わりにチルト液晶と言う機能があります。

チルト液晶はバリアングル液晶よりも可動できる範囲が狭いですが、無いよりはあった方が便利なので、購入する際はチェックしてみてください。

 

 

 

カメラの起動時間はかなり重要!

カメラに電源を入れてから、実際に使えるまでの時間が長いと、使うのが大変(めんどくさい)なんですよね(汗

だから起動時間は可能な限り「お!早いじゃん」と思える機種を選ぶ事をオススメします。

注意点としては「この位だったら、我慢できるかな?」と思う機種だと、後で我慢できなくなる可能性が大いにあるって事です(笑

メニュー操作はサクサクか?

またメニュー操作についても動作がサクサクじゃないと、使うのが大変です。

こちらも店頭でチェックできるので、カメラを購入する際にはチェックしてみてください!

カメラレンズにはカバーをつけるのがオススメ

一眼レフやミラーレス一眼のようなレンズを交換できるカメラを買ったら、レンズカバーをつけるのがオススメです。

ここで言うレンズカバーとは、使わない時にカメラとレンズを保護するカバーの事ではなく、レンズに直接取り付けるカバーの事です。こういうやつですね。

 

また、このレンズカバーは撮影中も常にレンズに装着するカバーです。

これがあると撮影時にレンズのガラス部分に何かに当たっても(風で飛ぶ小石とか)、レンズに直接キズがつきません。

レンズって高価なものですから、こういったカバーがあると安心してカメラが使えるのでオススメです。

最後に・・・

カメラ比較については以上です!

ライトな内容ですが、僕がカメラを買う時に「う~む・・・」となった内容をまとめました。カメラ初心者!という人は参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク