noteの購入ボタンが軽くて簡単に押せちゃう問題

その他
スポンサーリンク

noteって知ってます?情報商材とか売ってるサイトです(笑

情報商材って単語を使うと一気にあやしい臭いがしますが、noteはもうちょっとクリーンなサイトです。多分。

サイトの色合いも緑で癒し系だし(笑

noteは有料記事を簡単に作れる

noteがどういうものか簡単に説明すると、ブログのような記事を投稿出来るサイトですね。投稿できるのは文章だけじゃなくて、写真やイラスト、サウンドなど何でもあり。

ただ普通のブログと違う点は、作者が「この記事は有料で公開したいな~」と思ったら、そう言う形で公開できるのが特徴です。

つまりユーザーがお金を払うと記事が見れるように設定できるんです。こういう設定は普通のブログだとなかなか難しいですよね。

でもnoteだと有料記事を簡単に作れるんですよね。それがnoteの特徴です。

 

スポンサーリンク

有料記事をちょこちょこ購入しちゃってる

で、最近その有料記事をちょこちょこ購入しちゃってるんですよね。1度買いだすと癖になってしまって(笑

だって「有料じゃないと見られないよ!」とか言われると買いたくなるじゃないですか(汗

noteの有料記事は100円~10000円と幅広い

有料記事は作成したユーザーが好きに値段をつけられるため、値段がピンきりです。

安い記事は100円とかだし、高い記事になると3000円とか10000円とかします。見た事ないけど10000円以上もあるのかも?

noteの有料記事は普通の書籍と比べると圧倒的に高いです。値段もそうですが、文字数(ページ数)も圧倒的に少ない場合が多いので。

でも、そこはもう同人誌のような感覚で買ってしまってますね。「今買わないともう読めないかも・・・」みたいな一期一会感が同人誌と似ているし、情報量の薄さも似ているので(笑

ただ同人誌と一緒で中には変わった視点から書かれている記事があって、そう言うのが面白いんですよね。

noteで購入してるのはノウハウ系の記事

noteでは主にノウハウ系の記事を買っています。

ブログ、ライター、イラストら辺ですね。最近だと下記のnoteが安くて、そこそこの気づきが得られて面白かったです。ライター初心者やマンガを描いている人が読むと為になりそう。

面白かったnote

名もちゃん気まぐれマガジン(月額350円)

販促マンガの描き方講座(10記事セットで1000円)

 

あんまり高いnoteはポンポン買えないけど、この位の定額noteなら、雑誌を買う感覚で気軽に買えて良いですね。

最初に「noteは情報商材を扱っているサイトだよ」と雑に説明をしましたが、上2つのnoteを読むと本来のnoteの雰囲気を感じる事が出来ると思います。

有料ですが、興味ある人は読んでみて下さい(笑

スポンサーリンク