イラストアイコンを作る時の作成サイズについて

イラスト
スポンサーリンク

イラストアイコンを作ろう!となったら1番最初に決めたいのが、どの位のサイズでイラストを作成するか?です。

この記事では、主要?SNSのTwitter、Instagram、Facebook、のアイコンサイズをまとめたので、よければ参考にしてください。

各SNSの推奨アイコンサイズ

各SNSの推奨アイコンサイズをまとめました。これから「アイコン作るぜ!」って人は参考にしてみてください!

Twitterの推奨アイコンサイズ

プロフィール画像(アイコン)・・・400×400ピクセル

ヘッダー画像・・・1500×500ピクセル

公式のアイコンサイズ記載ページ

Instagramの推奨アイコンサイズ

Instagramについては、公式で「推奨サイズはこれ!」と記載しているページが見つかりませんでした(汗

でも用途から考えて、Twitterと同じサイズでも大丈夫かなと。

 

プロフィール画像(アイコン)・・・400×400ピクセル(非公式)

Facebookの推奨アイコンサイズ

フェイスブックには推奨とされるサイズはありませんでしたが、PC(コンピューターサイズ)でアイコンを作成すれば問題ないと思います。

プロフィール画像(アイコン)・・・170×170ピクセル

ページのカバー写真・・・820×312ピクセル

公式のアイコンサイズ記載ページ

アイコン作成(作り方)の流れ

アイコンを作る時の流れをざっくりと説明すると

①まずアイコンを使うSNSでアイコンの推奨サイズを調べます。

②調べた推奨サイズの2倍のサイズでアイコンのイラストを描きます。

3倍くらいでも良いかも?

③書き終えたイラストを推奨アイコンサイズに縮小

※注意点として元の大きいイラストデータは絶対に残して(バックアップして)おいてください

④キャラのみで背景は透明にしたい場合はpng形式、キャラと背景込みのイラストの場合はjpg(jpeg)形式で保存します。

背景を透明にしたい場合にpng形式で保存する理由は、透明のデータはpng形式じゃないと保存できないからです。

SNSにアップして終わりです。

②のイラストを推奨サイズの2倍のサイズで描く理由

イラストって大きく描いて、後から縮小した方が、きれいに仕上がります。

この縮小するテクニック?はイラストのアラも隠せて一石二鳥なのでぜひ試してみてください。クオリティーが上がって見えます(笑

 

以上です。

簡単に説明しただけですが、この記事がアイコン作成の参考になれば幸いです!

スポンサーリンク