ガジェット

HDDをサクッと確認できる玄人志向のドッキングステーションKURO-DACHI/ONE

玄人志向 ドッキングステーション

動画の仕事をしていると、HDDの容量をどんどん使ってしまい、裸の3.5インチHDDがそこらへんに転がっている・・・なんて人もいるかと思います。

でも、裸のHDDって「何を保存したんだっけ?」って思った時に中身をすぐ確認できない不便さがありますよね。

そう言うときに便利なのが、HDDドッキングステーションです。これがあると裸のHDDでも簡単に保存内容を確認できるのでオススメです。

ドッキングステーションには2つのHDDを接続して内容を完全にコピーするものが主流のようですが、ここでは保存内容の確認のみに特化した玄人志向「KURO-DACHI/ONE」のレビューをしたいと思います。

 

玄人志向「KURO-DACHI/ONE」を選んだワケ

最初はORICO「6619US3」にしようと思いましたが、こちらの製品はSSDの差込口に穴が開いており、埃が入りそうだったのでやめました。

公式がyoutubeにアップしている下の動画を確認するとSSD差込口に穴が開いているのが確認できます。

 

またHDDのコピーが出来るタイプ(HDDが2つさせるタイプ)は価格が高く(概ね3000円から)現状では不要だったため、HDDを1つだけ接続できるタイプを選びました。

ちなみに価格はORICO「6619US3」がちょっと高い感じですね。

created by Rinker
玄人志向
¥1,586
(2019/07/18 23:50:23時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

A太
A太
単純な見た目なら「6619US3」の方が良く見えるな
あずま
あずま
そうね(汗

 

スポンサーリンク

玄人志向「KURO-DACHI/ONE」の付属品

付属品についてはこちらになります。

1度開封してしまったため、袋など微妙に変わっていますが基本はこの3点です。

KURO-DACHI/ONE

玄人志向「KURO-DACHI/ONE」の仕様

 

仕様については公式ページに詳しく記載されているので、ここではざっくり紹介しようと思います。

 

玄人志向「KURO-DACHI/ONE」の対応OS

対応しているOSは下記になります。

  • Windows10
  • Windows8.1
  • Windows7

 

接続できるHDDは2.5と3.5インチとSSD

使用できるHDDは2.5インチ、3.5インチとSSDに対応しています。

またHDDの容量についても12Tまで対応中との事。

 

あずま
あずま
容量が12TのHDDってあるんだね

 

玄人志向「KURO-DACHI/ONE」は取り付けに工具不要

玄人志向「KURO-DACHI/ONE」はHDDを接続するのに工具は使いません。本当にHDDを差し込むだけなのでとても手軽です。

データ転送はUSB3.0に対応

USB3.0にももちろん対応。

 

スポンサーリンク

玄人志向「KURO-DACHI/ONE」のサイズ感

玄人志向「KURO-DACHI/ONE」のサイズはW138×D78×H74の重量が250gとなっています。3.5インチのHDDと比べるとこんな感じです。

KURO-DACHI/ONE

 

KURO-DACHI/ONE

 

A太
A太
思ったよりは大きくない・・・って感じだな

 

玄人志向「KURO-DACHI/ONE」の見た目

手前はアクセスランプのみのシンプルな作りです。

KURO-DACHI/ONE

 

HDDの差込口には埃が入らないようフタ付き。

KURO-DACHI/ONE

 

背面にはUSBの差込口とスイッチがあります。スイッチは横にスライドさせてオン/オフするタイプなので、何かにぶつかり誤ってオン/オフする事は無い作りになっています。

KURO-DACHI/ONE

スポンサーリンク

HDDドッキングステーションまとめ

玄人志向「KURO-DACHI/ONE」については以上です。

ドッキングステーションがあれば裸のHDDがあっても中身をすぐ確認できるので、裸のHDDが増えてきた際には検討してみてください。

一時的に使うならHDDケースよりも便利ですよ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です