カメラ

自撮り棒ってどれがいいの?TAWARON製の自撮り棒をサクッとレビュー

TAWARON製自撮り棒レビュー

もともと写真が好きと言う事で、ついに自撮り棒なるものを買いました!

自撮り棒ってはじめて触ったんですが、スマホ用の三脚になったり、離れたところから遠隔操作でシャッターがきれたりするんですね。

 

あずま
あずま
自撮り棒めっちゃ凄い!なめてた!
A太
A太
ほぇ~自撮り棒ってただの棒じゃなかったんだな~

 

ちなみに今回購入したのはこちらの自撮り棒です。

 

この記事ではどのような基準でTAWARON製を選んだのか?なども含め自撮り棒のレビューしたいと思います。

TAWARON製自撮り棒を選んだ3つの理由

ではブロガーらしく3つの理由で説明したいと思います(笑

どれも軽い理由ではありますが、こんな事を考えてTAWARON製自撮り棒を選びました。

三脚になったり、遠隔操作で写真を撮りたい!

せっかく自撮り棒を買うなら三脚になったり、リモコンがあるものが良いなと思っていました。(注意点としてリモコンのズーム機能はiOSでは正常に動きません)

調べてみるとTAWARONの自撮り棒が2000円ほどで、評価も高く三脚とリモコンもあり目を惹かれました。

 

あずま
あずま
評価高そうだし、もうこれで良いかなって思ったよね(笑
A太
A太
リモコンについてはiOSでズーム機能が使えないって罠があったけどな(笑

 

長めの自撮り棒のほうが融通が利きそうだったから

自撮り棒にはいろいろな長さの物がありましたが、長い方が融通がきくかな?と思い長めのTAWARONを選びました。(背景が大きく入って良いかなと思って)

購入した自撮り棒は最大で100cmの長さになるので、自撮り棒の中では長い方だと思います。(折りたたみ時は20cm)


出典:アマゾン(TAWARON製自撮り棒)

 

TAWARONにしておけば間違いない!という記事を見た(笑

TAWARONを選んだのは上の理由をクリアしており、かつどこかのブログで自撮り棒ならTAWARON!という記事を読んだからです(笑

あとはアマゾンのレビュー数が900近いのに評価が星4.5だったのも大きいですね。

 

A太
A太
星めっちゃ大事!

 

TAWARON製自撮り棒がオススメされる理由

TAWARONの評価が高い理由は、値段のわりに機能が充実しておりクオリティーも申し分ないからとの事でした。

 

あずま
あずま
確かに自撮り棒って結構安いんだな~と思ったよね。5000円位するのかと思ってたよ
A太
A太
5000円は言いすぎでしょ(笑

 

また自撮り棒のメーカーではTAWARONの他にRakumというメーカーも評価が高いようでした。

私は棒の長さがより長かったTAWARONを選びましたが、短くても良いならこちらのrakum製も良さそうですね。

 

スポンサーリンク

TAWARONの自撮り棒は内容物がすごくシンプル

TAWARONの自撮り棒は内容物がすごくシンプルです。

下の画像が箱に入っていたものですが本当にこれだけしか入っていません。普通ならもっとクッション的なものが入ってますよね(笑

ちなみに写真にはありませんがパーツは袋に入っていました。

TAWARON製自撮り棒レビュー

 

A太
A太
クッションが多いとゴミになるしそこは逆に良くない?
あずま
あずま
たしかに

 

TAWARON自撮り棒は説明書もシンプル!

説明書もこんな感じでシンプルです。

TAWARON製自撮り棒の説明書の裏 TAWARON製自撮り棒の説明書の表

普通もうちょっと自撮り棒の説明とかあるじゃないですか?写真つきで「ここにスマホを固定します」とか。それらが一切ありません。

 

あずま
あずま
本当に必要最低限な感じ。これが低価格を実現している理由なのかも?
A太
A太
まぁ説明書なんて読まないし良いじゃん?

 

ただTAWARONの自撮り棒はそこまで複雑な作りではないので、組み立てやスマホの固定方法など何となく分かります。

ですので問題ないといえば問題ないんですけどね(汗

TAWARON製自撮り棒レビュー

TAWARONの自撮り棒には特にぐらつく箇所も無くこの価格にしては作りが良い感じでした。

スマホカバーやiRingが付いていても固定できる

スマホを固定するためのクリップの爪は長さは2cmほどです。

私は「スマホカバー+iRing」をつけたスマホを固定してみましたが特に問題なく付きました。

ですので、よほど厚いカバーを使わない限りスマホが固定できないと言う事はなさそうですね。

TAWARON製自撮り棒の固定パーツ
TAWARON製自撮り棒レビュー
TAWARON製自撮り棒にiPhone固定

 

またiRingなどリングの厚みのせいで、スマホが固定できない場合はリングをよけて固定するという方法もあります。

 

スマホ固定クリップの幅は5.2~10.5cmの間で調整可能

スマホ固定クリップの幅は調整が出来るため、横幅のあるスマホでも10.5cmまでならとりつける事が出来ます。


出典:アマゾン(TAWARON製自撮り棒)

棒を伸ばすのはちょっと硬いかも?

使用しているうちに改善されるかも知れませんが、とくに写真の箇所が固かったですね。

 

ただこの自撮り棒は1番下の部分を伸ばさなくても十分な長さになるので、三脚で使うとき以外は伸ばす必要はないかも知れません。

※三脚で使う際は1番下の棒を上に上げないと三脚が自立しません。

通常のカメラを固定する事も可能

この自撮り棒にコンデジ「PowerShot G7 X」を取り付けてみたところ問題なく固定できました。

なのでコンデジ程度であればTAWARON製自撮り棒を流用する事ができそうです。ただ遠隔操作をする場合はコンデジ専用アプリを使うことになりそうですね。

※「PowerShot G7 X」であれば「Camera Connect」

リモコンのズーム操作はiOS未対応(Androidは4.3以降の機種のみ)

TAWARON製自撮り棒のリモコン

 

このリモコンのズーム操作はiOSでは上手く動きません(汗

またAndroidでもズーム操作が出来るのはAndroid4.3以降の機種のみみたいですね・・・マジか(汗

よくよくアマゾンを見直してみたら、ちゃんと記載がありました・・・

ご注意:ズームアウト?ズームイン機能は、アンドロイドの一部機種のみ対応いたします。iOS機種(iPhone, iPad, iPodなど)に非対応予めご了承ください。

出典:アマゾン(TAWARON製自撮り棒)

 

あずま
あずま
ざっとしか確認しなかったから見落としてた・・・
A太
A太
どんまい!

 

三脚の脚はガタガタしない!安定している!

思った以上に三脚の脚が安定していて良い感じです。

足自体も一部がゆるくて直ぐ壊れそう・・・みたいな印象は全くありませんでした。すごい!

スポンサーリンク

TAWARON製自撮り棒まとめ

TAWARON製自撮り棒についてはこんな感じです。iOSではリモコンのズーム機能が使えないのが残念ですが、値段を考えたら良い製品だとは思います。

ですので、もし自撮り棒を購入する機会があったらTAWARONも検討してみてください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です